« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

「防護服とマスクの寄贈」2020-8

 4月末に、知人である徳岡氏から、防具服と医療用マスクの寄贈先の相談が寄せられた。
台湾の台南エリートロータリークラブが、防具服と防護マスクの寄贈先を探がされているとのことであった。

  私の知り合いを通じて、大阪市の関係者を紹介していただいたところ、担当者がパニック状態で、何時、何処に寄贈できるか疑問との返事があり、徳岡氏(国際奉仕委員長)を通じてクラブに伝えていただいた。
先方から、出来れば、寄贈先、時期などがわかればありがたいとの返事が、帰ってきたとの報告を受けた。

 私と徳岡氏とは、大学病院への寄贈が良いのではとのことから、大阪大学医学部なら高校同期の元・総長の宮原秀夫さんに、大阪市大医学部なら私の知人(大阪平野RC会長)で学長アドバイザーの伊藤英樹さんに声をかけようかと相談の結果、初めに大阪市にお声掛けしたいきさつから、伊藤氏から市大に連絡していただくこととなった。

 427日(月)昼前に伊藤氏にお願いしたところ、学長に連絡してみるとのことであり、そのことを徳岡氏に報告。翌28日、徳岡氏から先方のRCに報告したら、30日(木)昼に「台南市の副市長参加のセレモニー」があるので、その際に皆さんに報告できればありがたいので、それまでに、結論をお願いできないかとの返事が・・・。

 翌日の29日(水)は祝日なので、如何なものかと一抹の不安を抱きながらも、伊藤氏に連絡したら、大学側は大変ありがたい話であるとの返事が・・・。
早速、台南エリートRCに報告していただき、とりあえず一見落着の月末であった。

 

 その後、徳岡氏と市大付属病院の担当者との連絡により、無事に防護服および医療用マスク500が、大阪市大病院に届いた。 
コロナ問題が一段落した6月初旬に、病院から感謝状が贈られた。
  Photo_20200627121501

平田病院長、荒川哲男学長、大坂アーバンRC・岡会長、徳岡・国際奉仕委員長

 

 人間、長く生きていれば、何かとご縁ができ、お役に立てるものである。

  

  又、我々大阪平野ロータリークラブにおいても、5月末に大阪市の小学生にマスクの寄贈し、その模様が、毎日新聞(531日)朝刊に掲載された。

「マスクで子供たちを守って」大阪平野RC22小学校に55000枚寄贈(見出し)

 大阪平野ロータリークラブ(伊藤英樹会長、51名)は小学校授業再開に向け、大坂市平野区の市立小22校にマスク計55000枚を寄贈した。伊藤会長らが28日、市立長原小(137人)を訪れ、長井博和校長にマスク2500枚を手渡した=写真。マスク不足が表面化した当初は区内の医療関係者への寄贈を模索したが、入手ルートがつかめず断念。5月に入って、ようやく確保の見通しが立ち、再会を控える学校への寄贈を決めた。会員が手分けして、20日から各校に配布。
伊藤会長は「教職員にもマスクを使ってもらい、子供たちの安全を守ることにつながれば」と話した。
長井校長は「臨時休校中の登校日にもマスクを忘れてくる児童がいたので、学校で使えるマスクがあるのはありがたい」と話した。

Dsc06173
平野区の市立小学校22校に、1週間の内に当クラブ員が手分けして配布した。

 

今回コロナウイルスにさいしても、海外のRCからも寄贈していただいた。
1995117日に発生した阪神淡路大震災の折も、海外のRCから「医者を派遣するから、宿泊施設を確保してくほしい。」との連絡があってから、早や25年経った。

  9年前の東日本大震災の折にも、すぐに連絡が入った。

そのクラブとは、今も姉妹クラブ(タイ、台湾)として交流が続いている。

                      2020-8-1
                      Y.YOSHIHARA 

  4月中旬、松井大阪市長が防具服不足の解消にビニールの雨ガッパを使用しているとの報道を見た滋賀県大津市で開業されている台湾出身の王輝生医師(婦人科)が、台湾の医師に協力依頼をした。台湾の新聞にも報道され輪が広がった・・・。(5月中旬・テレビ“Mr.サンデイ”で取り上げられた際に、王医師と中継)

今回、徳岡氏からの防護服の寄贈先の相談を受けたのは、4月下旬であったことから推察すると、この王医師の行動が原点であったのだろうか?。
次回、徳岡氏にお会いした時に、聞いてみようと思う 

======================

今月のひとこと「広いお胸」坂村真民
 

「嵐は かならず 去る

 火は かならず 消える

 夜は かならず あける

 このことが わかれば

 大抵のことは 解決する・・・」

========================

2020-8-4

   先日、台湾の李登輝・元総統が逝去された。新聞、テレビなど多くのマスコミから、その偉業が照会された。

日本の大学を卒業され、日本のことを我が国のように想い、日台強化に尽力された・・・。

 
   今月号当
ブログ、「台湾からの500もの防護服、防護マスクの寄贈」は、この精神が受け継がれているのであろうか.

 

先日の例会(6日)時に、タイ・プラカノンRCからも、マスクが送られてきたとの報告を受けた。

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »