« 「ハンブルグ国際大会に参加して」2019-9 | トップページ | 会長のひとりごと「ジャーナリスト・井上和彦氏の講演を聞いて」2019-11 »

会長のひとりごと 「認知症の予防法」東北大学加齢医学研究所 所長・川島隆太氏 2019-10

人生100年時代に備えて、脳のトレーニングを!!

“スマート・エイジング~認知症の予防法~”

頭を使う習慣、体を動かす習慣、バランスのとれた栄養を取る、人と積極的に付き合うこと、そして更に睡眠を

 

脳の前頭葉(記憶、学習、注意、判断力)は、歳を重ねると鈍くなる(動作が鈍い、言葉が出ない)。これを現状維持、もしくは上昇曲線にすることが大事であると説かれる。

 

その学習療法は、読み書き、計算を繰り返すことが大事であると。

例えば、新聞を早く、音読(社説や、コラムなら3回繰り返す)したり、1から120まで声を出しながら早く言える習慣を身につける。

もし、30秒以内で出来る人は20歳代、35秒の人は30歳、40秒の人は40歳、45秒の人は50才、50秒内で出来る人は60歳の脳と説明された。

会場の皆さんに、用意ドンでスタートである。みなさん約60秒は、かかったのではないだろうか。

出席者の平均年齢は、満73歳の集まりであるから、年相応の早さかなと感じた。

 

脳を計りながら鍛える!最新脳トレ・サービスが、東北大学+日立ハイテクノロジーズ脳科学カンパニー、株式会社NeUで行われているとコマーシャルされた。

 

スマホの恐怖―「子供の学力に影響する」と多くのデーターをさし示しながら、解説された。

特に、家で3時間以上スマホをいじる子供は、最悪と説明された。

 

認知症の方の回復に役立っている様子や、寝たきりであった方の椅子に座れるように回復された様子等をスライドで見せていただき、その数量データーも示された。

 

“人生100年時代に備えて、脳のトレーニングを”と語れた還暦の川島先生が、「数十年先には人生120年時代が来ると言われていますが、2000万円の貯蓄で足りませんよ。」の言葉に、会場は笑いの渦に包まれた。

 

先生が会場を後にされる際に、私は「本日の講演は、我々の近々課題に鋭く迫った話題で大変興味深く聴かせていただきました。」とお伝えした。

 

講演後、友人とコーヒーを飲みながら「東北大学は昔から立派な大学であるが、特に最近は躍進が目覚ましい・・・。」と、講演を聞いた我々の仲間で語りあった。

 

毎週水曜日開催される大阪倶楽部の講演会に、基本的には第13水曜日に参加しているが、今回もご縁をただいたことに感謝である。

 

                       2019-10-1

                      Y.YOSHIHARA

 

3年前、月刊誌『致知』で、脳トレの第一人者・川島隆太先生と国語教育の第一人者・齋藤孝先生に素読・音読が持つ力についてご対談されていた。
(「音読は脳の活性化に役立つ」といわれ、黙読より、音読中のほうが脳は広範囲に活性化されることが実証されています。また、声に出してよい文章を読むことは、高齢者の方には、認知症予防になり、子供たちには、基礎学力の向上に繋がるといわれます)。

 

略歴

1959年(昭和34年) 千葉県生まれ

1985年(昭和60年) 東北大学医学部卒業

1989年(平成元年)  同大学大学院医学研究科修了(医学博士)

1991年(平成3年)  スエーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員

1993年(平成5年)  東北大学加齢医学研究所助手

1998年(平成10年) 同 講師

2001年(平成13年) 同大学未来科学技術共同研究センター教授

2006年(平成18年) 同大学加齢医学研究所教授

2014年(平成26年) 同 所長

2017年(平成29年) 同大学スマート・エイジング学際重点研究センター長兼務

 

受章

2008年(平成20年)「情報通信月間」総務大臣表彰

2009年(平成21年)「科学技術賞」文部科学大臣表彰、井上春成賞

2013年(平成25年)河北文化賞 

 

著書

「めざすは認知症ゼロ社会!スマート・エイジング:華麗なる加齢を遂げるには?」

2013年(平成30年) ミネルヴァ書房

「スマホが学力を破壊する」 2018年(平成30年) 集英社

「さらば脳ブーム」     2010年(平成22年) 新潮社

他、著書多数

 

==========================

今月のひとこと

「人生100年時代に備えて、脳のトレーニングを!!」

 

“スマート・エイジング~認知症の予防法~”

 

頭を使う習慣、体を動かす習慣、バランスのとれた栄養を取る、人と積極的に付き合うこと、そして更に睡眠を!

 

(東北大学加齢医学研究所 所長・川島隆太氏の講演より)

===========================

 

|

« 「ハンブルグ国際大会に参加して」2019-9 | トップページ | 会長のひとりごと「ジャーナリスト・井上和彦氏の講演を聞いて」2019-11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ハンブルグ国際大会に参加して」2019-9 | トップページ | 会長のひとりごと「ジャーナリスト・井上和彦氏の講演を聞いて」2019-11 »