« 「日本百名山・伊吹山(標高1.377m)に挑戦」2018-8 | トップページ | 「いよいよ富士山頂・3.776mに挑戦!!」2018-9 »

「日本百名山・伊吹山(1.377m)に挑戦―その2」2018-8

  山頂では、日本海からの風であろうか冷たい風が吹き、すでに午後3時を過ぎていた。登山口まで急いでも3時間少々かかるであろうから、日没に掛かると困るとの思いから急いで下山することにした。


  遠くの救急車のサイレンを聞きながら、注意して石ころの山道を下る。7合目を過ぎた頃、今度はヘリコプターの音が遠くで聞こえた。少しして、ヘリコプターが9合目付近を旋回し何かを探しているようであった。その機の下に滋賀県警の文字がはっきり見え、開けられたドアーから、一人の隊員が下を眺めている。また、大きく旋回して一度隣の山の方に向ったので、この山道での事故でなかったのかと思いきや、またもこちらに向かい、6合目付近で隊員が降下した。

ヘリコプターから、付近の我々登山者に「その場に座り、待機してください。」と呼びかけの声が聞こえた。その場で座り、タンカーにのせられて吊り上げられる様子を、一部始終眺めた。


無事引き揚げられ、隊員がドアーをしめる前に我々に手を振られたように見えた。登山者は、これにこたえて手を振り、私も隊員に見えるようにと、大きなゼスチャーで拍手をした。

                             

Dsc04682 Dsc04686 Dsc04687
  

  家族の方であろうか、足止めを食らった我々登山者に「ご迷惑をかけました。」との言葉を山道脇でかけておられた。

「たいしたことは、なかったのですか?」と問いかけると、「捻挫でした。」との返答に、「大したことでなく、よかったですね。」と声をかけながら、その場を通過した。


  家内も何度か転び、私も右足を少し引きずりながら歩を進めた。

  やっとの思い出で、1合目の休憩所に到着したのは、午後6時頃で、あたりが薄暗くなりかけていた。そのベンチに座り、休憩しながら懐中電灯、ヘッドライトのチェックをした。

先に休憩されていた女性に「山頂までいかれましたか?」とお聞きすると「登りましたが、足が痛いので主人と子供が先に降りて、車で迎えに来てくれるのを待っているのです。」とのことであった。

迎えの車は、8人乗りなので我々二人も同乗させていただき大変助かった。

登山口で下していただき、駐車場まで足を引きずりながら足を前に進めた。


  夜寝ていても左足のフクラハギの激痛が3日続き、4日目にはその痛みも消えた。



   5
5日午後3時頃、「日本百名山・伊吹山(1377m)初登頂」苦しくもあり、感動の思い出である。


  8
1日、いよいよ富士山頂に挑戦である。宿泊施設、ガイドさんとの打ち合わせも終え、それまでに、心肺能力の強化のトレーニングの為に何度山に挑戦できるのであろうか?(6月原稿作成)


                                 
2018-8-16(その2

 Y.YOSHIHARA


PS―登頂後の数日間、右足のふくらはぎとお尻が痛く、歩くのに足を引きずり、上を向いて寝られない日が続いた。



槍、駒ヶ岳、穂高など本格的にリーダーとして登山家?・整骨院の平沼先生から、1週間後の
513日(日曜日)に金剛山に登ろうとお声かけをいただき、今にも泣きそうな空を見ながら、家を出発した。下りは、雨ガッパを着て、傘をさして休憩なしであった。下山したころは,土砂降りの雨であった。

昨年、2時間少し掛けて上がったが、当日は、1時間20分程、下山は休憩なしで下山。

おかげで、フクラハギの痛みは5日たっても残っていた。


=======================

今月のひとこと 

「偉人たちの一日一言」より (致知出版社)

 

「決心し行動したら、希望を持って生きることです。高く大きな山を望む。

しかし、登るからには一歩一歩近寄らねばなりませんよ。

急ぐべからず、これが原則です。

急いで倒れてしまってはなんにもならないでしょう。

しかし、休むべからず、これも原則です。

誰がなんといおうと、休まず、急がず歩を運んでいれば、必ず行き着きます。」

 鈴木鎮一(スズキ・メソード創始者)

==========================

8月1日正午頃、54年ぶりに富士山頂・剣ヶ峰3776mに登頂

(現在・満74歳10ヶ月)

|

« 「日本百名山・伊吹山(標高1.377m)に挑戦」2018-8 | トップページ | 「いよいよ富士山頂・3.776mに挑戦!!」2018-9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本百名山・伊吹山(1.377m)に挑戦―その2」2018-8:

« 「日本百名山・伊吹山(標高1.377m)に挑戦」2018-8 | トップページ | 「いよいよ富士山頂・3.776mに挑戦!!」2018-9 »