« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

「プロフェッショナル・仕事の流儀」動物写真家・岩合光昭 2017-7

 月曜日、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」にチャンネルを合したはずが、動物写真家・岩合光昭(66歳)の「プロフェッショナル・・仕事の流儀“猫スペシャル”」が始まった。9時か10時ぐらいから始まる番組と思っていたのだが・・・。

「人に話しかけるように話しかけ、猫の視線に合わせる。」(我が家の猫に、家内もよく話しかけている。)

各地で猫を撮り続けて40年。時には、地面に這いつくばって撮る。「猫に気に入られたら、良いショットが撮れる。」

現在の猫ブームは、この岩合氏によるものとナレーターは語る。

京都の1年間で2000カット、写真展を今年開催・・・。

2003年ジャイアントパンダを皮切りに、1000種を超える動物を撮り続けてきた。

白熊が立ち上がり、車の窓をたたく?危険な目にも・・・。


 野生動物と40年間向き合ってきたが、体調管理を怠らなかった。昼食後は、仮眠・・・。

どうして猫をターゲットにしてきたのか?。

「人に一番身近な野生動物で、人間も自然の一部それを思い出させてくれる。」のが猫だった。

ナゼ猫に情熱を?。

「アフリカでの体験より・・・。」


 昭和25年生まれで、父がプロのカメラマンで動物を撮るためにガラパゴス、森、山、海へと同行した。

32歳でアフリカのタンザニアに住む。その国立公園で、弱肉強食の動物の写真を何か月も撮れなかった。

平原の真ん中で車が故障し、家まで40km歩いて帰る途中でキリンに出会う。

トゲのある葉?を、長い舌で上手に食べる光景を目の前にして「目の前の日々の営みを撮ればよいのだ。」と開眼。

 ザトウクジラの生態を、北極海で一年かけて・・・。

「動物は、生きるために動く。相手を思いやるんだ。」「相手と“共振”すると良い写真が撮れる。」

「ベストの写真は?」と聞かれて「次に撮るのが・・。」

ヨーロッパのボスニア・ヘルツゴビナ(サツカーの元全日本監督・オシム氏の故郷)へ。

時折り、内戦の傷跡の街並みをとった写真を目にするが、岩合氏はあの“おとぎの国、村”へと向かった。

「猫は“希望”である。」異なった民族が共に夢を見る町、戦いでなく平和な御伽の国、村へ向かう。

 その村の牧場は、牛や羊を放牧していた。人が子羊に哺乳瓶でミルクを与えると、猫も子羊に混じり哺乳瓶でもらう。猫の顔に付いたミルクを子羊が舐める。

また、犬と猫のじゃれ合い、猫が犬のおなかに載って足で踏みふみする光景など・・・。

時には、何時間も向かい合い我慢比べの内に這いつくばってのカメラワークの為、知らぬ間に地べたで数時間寝たこともあった様子を、他のカメラマンが撮っている。

“地面に這いつくばる写真家”“猫は希望”

“プロフェッショナルとは、自然との一体感”と岩合氏は締めくくられた。
   

 1  2
        我が家のサクラ
 

  Photo Photo_4
  爆睡中のモモとサクラ   歯を磨くモモ

 我が家には、迷い犬のモモと猫のサクラがいた。中形犬のモモは、普段は無駄吠えしなかったが、泥棒が入った時や家内が階段から落ちた時は大きな鳴き声で危険を知らせてくれた。「命の恩人」と家内は話す。そのモモも亡くなって、今年の年末で丸3年を迎える。

 平成10年秋に生まれたであろうモモ(桃の節句の日に迷い込んだので)の遺骨は今も自宅で安置し、時折手を合わす。


 迷い猫のサクラは、会社の前の国道で、朝の通勤ラッシュ時に信号待ちする車の下に潜り込んだ。運転手が気づき、歩道に返して車に乗るとまたもや車の下へ。これでは轢かれるのが時間の問題である。猫を飼うのは好まなかったが、これも何かの縁と自宅で飼うことにした。それはモモが来てから数年後であった。真っ白な、ネズミ大の子猫を、モモは自分の子供の様に、体中をなめまわしてかわいがっていた・・・。


 帰宅すると、家内が誰かと話している。お客かと思いきや、モモかサクラに語りかけている。本人も、犬や猫に癒されてきたようである。

真っ白なサクラは、天気のいい日には屋上の扉を開けるように催促し、午後10時頃になるとニャーと家内に寝ようと催促に来る。家内の枕元の布団の上で朝まで寝るのが日課である。

モモも、私に寝ようと催促したり、トイレの為にベランダ、屋上に行きたいと目や足でよく意思表示した懐かしい思い出がよみがえる。(犬や猫の知能は、人の3歳位?とか聞いたことがある。)サクラは、今も我が家の家族の一員であり、モモも一員であった。

夫婦二人だけの生活であるが、孫が同居しているようなものである。                     2017-7-1

 Y.YOSHIHARA

   Img_1362  Img_1280

   Photo_2 Photo_3

     サクラ  モモの遺骨を拝む?サクラ

 このブログも今月で13年目に入った。。

おかげで、パソコンで「会長のひとりごと」を検索するとグーグル、ヤフーで1~3位をうろついている。

=====================

今月のひとこと

「インド独立の父と呼ばれるガンジー」

 

信念が変われば 思考も変わる

思考が変われば 言葉も変わる

言葉が変われば 行動も変わる

行動が変われば 習慣も変わる

習慣が変われば 人格も変わる

人格が変われば 運命も変わる

非暴力でインドをイギリスの植民地支配から独立に 

導いたインド独立の父と呼ばれるガンジーのことばより

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »