« 「出会いから55年」  2016-8 | トップページ | 「鳥取砂丘・砂の美術館」 2016-10 »

「知られざる被爆米兵~広島の墓標は語る~」 2016-9

   815日、終戦71年目を迎えた。戦争に関する番組の一つ“NNNドキュメント2016「知られざる被爆米兵~広島の墓標は語る~」”を見る機会があった。
ヒト寝入りして、チャンネルをひねるとその番組がすでに始まっていた。

  1945
7月、アメリカの爆撃機・B24が、呉、江田島付近を爆撃する際に5機が撃墜され、パラシュートで脱出して捕虜となった米兵は12名であったと。

全員まとめて広島市内に収監され、86日の原爆投下を受け、病院で手当てを受けるも何日か苦しみながら死に至った。その後、憲兵の命令で手厚く葬られ、十字架の墓標も立てられ、花も手向けられた写真が流れる。日本人でさえも、被爆者すべての人が手厚く葬られるのが難しい環境あったのであるが・・・。(後に遺骨は、米国の遺族に届けられる。)

地元広島で「なぜ敵兵を・・・」と非難の声も上がる中での出来事であった。
 
 79歳の森重昭氏(40年間ただ一人で被爆米兵の存在を調べ上げてきた日本人被爆者)が、アメリカの遺族にその被爆米兵のことを知らせ、広島の被爆者名簿に掲載の了解をえて、市に申請し受理される。

 
 
その森氏のことをインターネットで知った米国人のMR.バリー氏が、ドキュメンタリー取材で追っていく・・・。広島に取材に行くことに、放射能は怖くないのかと聞かれた。復興した現在の広島を知らないアメリカの人々がまだ沢山いると氏は語る。

 2015年、その中の一番若い米兵(当時17歳の海軍志願兵―ノーマス・プリセット)の姪・スーザンさん(56歳)が森氏と共に爆心地から500m離れた収監所や被爆資料館等を訪ねた。

当時「捕虜を殺せ」との声もあったが、若い無邪気な米兵を見た憲兵が「殺してはいけない」「あの人達も、国のために、戦ったのだから。」「志願兵として、夢を・・・」等の当時のことを語り告げられた。スーザンさんの目にも涙が・・・。

 
 
米国では「被爆米兵のことを、30年間ナゼ伝わらなかったのか。」「不都合は、発表しない。」「原爆投下は、56%のアメリカ人は正当・・・。」と語られている。

 20158月の被爆式典に米兵12名の一人である伯父のために参加したアメリカ人のラルフ氏が「灯篭流しに参加し、死者を弔う。」そして、「永遠に平和が続きますように」と祈る。(父親が、忘れまいと、伯父と同じ名前を私につけたとラルフ氏は語る。) 

ナレーターが「しかし、世界には15.395発の核弾頭が・・・。」と語りかける。


  
2016年初旬にバリー氏製作、ドキュメントタリー「灯篭流し」がアメリカで完成した。

「森氏は、自国(日本)で非難を受けながら、米国人のために長きにわたり尽くされた・・・。戦争は、絶対にしてはいけない。戦争が何をもたらしたか・・・。」

「簡単に答えは出ない。」とバリー氏、森氏が共に語る。

バリー氏が「私達は、次世代に広島の痛ましさを伝えねば・・・。」とも語る。

「灯篭流し」がアメリカで上映されたその会場でのスタンヂィング・オベーションの映像が映し出された。


  
  
20165月、初の現役大統領・オバマ氏が、伊勢志摩サミットを終え、急遽広島を訪問され、17分間の演説をされた。(その内容は、それぞれどう受け取るか?とナレーションが・・・。)その後、式典の最前列に座る森氏の元へ歩み寄られ、大統領は「被爆兵のことを調べていただき、ありがとう・・・。」

二人は抱擁しあった。森氏の目には涙が・・・。

(その画像は世界に放映された。当日、テレビのライブで見ていた私も、胸に熱いものが走った。)そして、大統領は52分間の広島滞在の後、帰国の途に。

 

広島を訪れる外国人が、20153月頃から増えているとのことである。

訪れたアメリカ人へのインタビューでは「50%の米国人は、原爆投下を正しかったと思っているが、・・・」「永遠に平和が続きますように・・・」


“NNNドキュメント
2016
「知られざる被爆米兵~広島の墓標は語る~」”

「若き米国兵12名と共に、日本人30万人が葬られている」と締めくくられた。


  
アメリカでは、この被爆米兵のことは、戦後何十年も不問にされていたが、自国・日本人から責められながらも、この森氏の長い間の行動や情熱により、アメリカのマスコミにも報道された感動のドキュメントであった。

 2016-9-1
           Y.YOSHIHARA  

Photo
8月5日毎日新聞夕刊より


広島、アメリカで取材した加藤紗智子ディレクターは森氏を去年から取材、驚くべきことを次々教えてもらった。“被爆米兵”のことを人々は知らないのか、知ろうとしないのか。アメリカで声を上げにくい遺族の思い、「平和」とは、「核兵器はなくすには」そんなことを考えるきっかけになればと語られている。

「オバマ氏 核実験禁止へ決議案・国連安全保障理事会決議案9月にも提出」と報道(8月5日)。

 リオ・ニュース 
伊勢田愛さん(2012年世界大会で2連覇)リオ・オリンピックのウィンド・サーフィンでは、残念ながらメダルは取れなったが、東京オリンピックでガンバッテください!!。
(めぐみ)さんの父・伊勢田稔氏
(冬はスキーでSAJ一級)
2008
年 全日本WAVEクラッシク オープンクラスチャンピオン 
2013
年 全日本WAVEクラシック スペッシアルクラス準優勝

======================
今月のひとこと 「イチロウ選手の名言」

「特別なことをするために、 

      特別なことをするのではない、

特別なことをするために、 

      普段どおりの当たり前のことをする。」

「壁というのは、できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時はチャンスだと思っている。」

「小さいことを重ねることが、

  とんでもないところに行きつく ただ一つの道」

鈴木一朗
201687日、ロッキーズ戦でスリーベースヒットを打ち、メジャーリーグ史上30人目の通算3,000本安打を達成
8月末日現在ー3011本自己記録更新中
      
日米通算安打4289本記録更新中

|

« 「出会いから55年」  2016-8 | トップページ | 「鳥取砂丘・砂の美術館」 2016-10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
今月の会長のひとりごとを読ませて頂きました。
私もオバマ大統領と森さんの映像をテレビで見ました。 私も思わず涙が…
でもこんなエピソードがあったとは知りませんでした。
毎月の事ですがお勉強させて頂きありがとうございます!
又 イチローの言葉が良いですね〜(^_−)−☆
私も小さな事からコツコツと頑張ります‼︎
来月も楽しみにしております。

投稿: 上山 摩里子 | 2016年9月 7日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知られざる被爆米兵~広島の墓標は語る~」 2016-9:

« 「出会いから55年」  2016-8 | トップページ | 「鳥取砂丘・砂の美術館」 2016-10 »