« 「日米安保50周年と私」 2010-8 | トップページ | 「顕証寺(久宝寺御坊)近松照俊御住職をお迎えして」2010-10 »

「7つの習慣」と「成功の9ステップ」ジェイムス・スキナー 2010-9

  宋文州氏もそうであるが、原稿を持たずに次から次へとよどみなく語りかけ、時折大阪弁も交えながら笑いを誘うジェイムス・スキナー氏の講演が、8月3日梅田の産経ブリーゼで夜7時から始まった。いつものように、エネルギッシュで聴衆を退屈させないその話ぶりは、900人の聴衆を魅了した2時間であつた。

私も、数年前にジェイムス・スキナー氏の自己啓発の名著「成功の9ステップ」16枚セットのCDを買い、朝の散歩のおりに聞いている。8月3日にはDVDも手に入れた。7日(土)TVでも取り上げられた。数年前には京都会館での講演会、そして先日の梅田での講演会が2度目の参加で、私のモチベーションを高めていただく一人である。

 ジェイムス・スキナー氏は、父親の会社倒産の為11歳から働く境遇から、日本にあこがれ19歳で来日し、長年の苦労の末、スティーブン・R・コヴィー博士の世界的ベストセラーである「7つの習慣」を日本に紹介。日本で100万部超のベストセラー(世界では、1500万部のベストセラー)となり、いまや46才?の大資産家である。

今回の講演は、ジェイムス・スキナー「図解・成功の9ステップ」発売記念講演であった。

「成功の9ステップ」は、成功?(夢を実現させる)するには「決断」から物事が始まると解き、ご自身の成功体験を伝えている。事業家であろうがなかろうが、年齢、性別、生まれ、環境・・・・などに関係なく適用されると語られている。

人は、「すべて営業マンである」とのことから講演が始まった。家庭では、奥さんがお客・・・。

何事も基本,基礎が肝心であると。

(武道は「礼で始まり、礼で終わる」)

ジェイムス氏の日本での生活は、4畳半のボロアパート、生活費月5万円であった。(家畜のエサのとうもろこしを、主食とした)水,電気も止められる生活が8年間。その間にナゼ?ナゼ?と自問自答した。

 元気な人に出会い、その行動を聞いて見ると、みな同じ答えが返ってくる。その人達は、ジェイムス氏自身が知らない行動、やり方をしていることに気づいた。

「うまくいっている人と自分の違いは、単にやり方を知らないだけだ

「自分自身が変わろう。」と決断するまでは、何も変わらなかった。

人間関係の秘訣。リーダーシップの秘訣。時間管理の秘訣。健康管理の秘訣・・・。

さまざまの分野で結果を出す人と、そうでない人の“違いをもたらす違い”を見つけることに情熱を注いだ。

社員一人当たりの売り上げが1億円を超えるというVISAカードの創設者ディー・ホック氏や松下幸之助氏は、「人を人として扱ったので、この人のためにと頑張ろうと周りが付いてきた・・・・・」等、具体例を語られた。

やり方を教わる人を探す。

名人に会い、やり方を教えてもらう。

教えてもらった通りに行なう。

まず「決断すること」(決めて、断ち切る)が、「夢を生きる」「人生を変える」のであると。

「人生でやりたいこと、経験したいこと、成し遂げたいこと、貢献したいことを書き出す(健康、人間関係、家族、住環境、知識、旅行、社会、世界、経験したい、体験、免許・・・)

それから、何を望んでいるのか、ナゼほしいのか、可能な方法?は等のリストをつくる。」

 最後に、「この宇宙の歴史から見たら、わが人生はほんの一瞬である・・・」との長い詩を語り、幕が下りた。

今回もエネルギッシュで、原稿を持たずに次から次へとよどみなく喋り、時折大阪弁も交え、いつもながら笑いを誘う聴衆を引きつける2時間であった。

               2010-9-1 

 YY 

ジェイムス・スキナー(JAMES SKINNER) 

プロフィール

* 1964年アメリカ合衆国生まれ。

* 19歳で来日し21年間在住。流暢な日本語を操る。

現在は、シンガポールを拠点とし、世界各国で社会に

対する貢献を広げている。

* 早稲田大学で国際ビジネス論を学び、

 NEC、社会経済生産性本部、財務広報ライター、

    アメリカ最大級の研修会社フランコリン・コヴィー社

    の日本支社長など歴任。

* ベストセラー「7つの習慣」を日本に紹介したことや

    テレビや雑誌における講演や執筆活動。

  ベストセラー「成功の9スッテプ」(幻冬舎)の著者

    として知られている。

  現在 有名コンサルタント、ベストセラー作家、

    人気セミナー講師、指導だけで劇的な変化をもたらして

    くれる成功コーチのスーパースターとして確固たる地位

    を築いている。

「図解・成功の9ステップ」終わりにの項で

「幸せは、心の中から来るものでなければならない」

と語っている。

アブラハム・リンカーンは、こう言っている。

「人は、心の中に決めた分だけ、幸せになっている.」

「愛を豊かに持とう。」

「寛容な精神を持とう。」

「明るい性格を持とう。」

「運が向いていない時に勇気を出そう。」

「運が向いている時に謙虚でいよう。」「

「自分自身を超えて、他の人の幸福に貢献できる道を探そう。」
そうすれば、自分自身の幸せは必ずついてくるに違いない。

そして、人生の中でどんなことが起きても、貴方は決してひとぼっちではないということをおぼえておいてほしい。

Dscf0335

我が家の屋上の健康野菜のゴーヤ

|

« 「日米安保50周年と私」 2010-8 | トップページ | 「顕証寺(久宝寺御坊)近松照俊御住職をお迎えして」2010-10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
吉原さんのブログ、いつも勉強になります。

以前、ブログで紹介されていた、なにわの海の時空館が財政難の折、閉館されるかも?というニュースを先日みました。
寂しい話ですね・・・(u_u。)

ゴーヤは、日よけにもなって良いらしいですね。
最近よく見かけます。お浸しにしたら美味しそうですね!o

森 

投稿: 森 | 2010年9月 2日 (木) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「7つの習慣」と「成功の9ステップ」ジェイムス・スキナー 2010-9:

« 「日米安保50周年と私」 2010-8 | トップページ | 「顕証寺(久宝寺御坊)近松照俊御住職をお迎えして」2010-10 »