«  山崎豊子著「沈まぬ太陽」 2010-7 | トップページ | 「7つの習慣」と「成功の9ステップ」ジェイムス・スキナー 2010-9 »

「日米安保50周年と私」 2010-8

「60年安保闘争の時代」毎日新聞社編―戦後最大の反政府運動となった60年安保闘争から50年。激動の昭和30年代後半の実相に迫る1100枚の写真と年表、当事者たちの証言でまとめた詳細年代記。―7月の毎日新聞朝刊にコマーシャルが掲載されていた。

今年「日米安保条約締結50周年」である。私が高校2年生(満16歳)の時であった。国会の強行採決に人々は決起した。国会議事堂を取り巻き、門から突入する様子が報道され、気の毒にも一人の東大生「樺美智子」さんが犠牲者となった(1960-6-15)

先日の池上彰司会・解説のテレビ「学べるニュース」で「60年安保は、岸信介首相とアイゼンハワー大統領が、70年安保は佐藤栄作首相とニクソン大統領が調印するも社会が大混乱した為、その後10年毎の更改からは破棄でなければ自動継続にし混乱を避けるようにした。」とのことである。また60年安保には、高校生までも参加し若者の政治に対する関心が高かったことをうかがわせるとも池上氏は語っていた。その時の大学進学率は、55.7%と低かった・・・・と。

わが母校の生徒会の名の下に、我々純粋な高校生も「御堂筋デモ」へ参加した。

「あの学校は、赤だ」との声も耳にしたが、イデオロギーを超えた純粋な若者の表現であった。(個人で参加の他校の高校生もいたが、生徒会の名の下に参加した高校は、日本広しといえどわが母校だけと当時のマスコミにも報道された。)

父兄の方から「運動場でデモ行進し、その模様を新聞掲載してもらうから、御堂筋デモの参加はやめてほしい。」と何度も説得されたが、御堂筋デモへの参加は整然と挙行された。

もちろん、わが父親と大議論したことも覚えているが、中身まではおぼえていない。

今、自分の子供がその立場にあったら、親としてどう対処したであろうか?。

説得できる自信がないと思う。

その50年前の高校時代を思い出してみると、コーラス部、卓球部に入り、陸上部からもお誘いがあった。そうそう柔道部にも一時在籍の思い出がある。

コーラス部顧問の浅野先生は確か東京芸大卒で、その恩師の作曲家平井康三郎氏と二人の息子さんを従えて、わが母校においてその演奏を聴く貴重な機会を得たことを覚えている。

本年、生誕100周年である平井康三郎先生は、童謡「お江戸日本橋」「平城山」「スキー」「ふるさと」「とんぼのめがね」「ひなまつり」「ゆりかご」「木曽節」等多くの名曲を作曲、長男平井丈一郎氏は、世界的なチェロリスト「カザルス氏」の高弟で世界的にも名を馳せ、次男平井丈二郎氏は、東京芸大を首席で卒業され、後に東京芸大教授になられ、現在その息子さんとも海外でも競演されている。

(平井丈二郎氏―ジュリアード大学より、音楽芸術博士の学位授与。アメリカの誇大学の中でも最も権威あるもので、東洋人として初めて)

先日私のアルバムから、わが母校の中庭で3人の平井先生と、クラブメンバーとの写真がみつかった。もちろん白黒である。

045

指揮者は、私である。

この写真を見て、コーラス部のメンバー4名でカルテットを組んで、文化祭などで披露したことを思い出した。(大阪市第100代市議会議長の新田孝氏もコーラス部に在籍。)

徳川英雄(開業医―バイオリン)、井上雄策(アルインコ㈱会長―バス)、松本(ベース)各氏と私(ギター)の4名のメンバーで、特にウェスタン「トム・ドウリイー」を何度も何度も練習したことを覚えている。

同じ文化祭で、ピアノの演奏をした大橋秀一(大阪中央病院院長)氏が、最近ジャズにこっているとの事を聞き、先輩の関西ジャズ協会会長・大塚善章氏を紹介する約束をした。

今も、同窓会を20数名での「高津会」(原則毎月―会合、ゴルフ、旅行等の企画)が続いている。またこの会とは別に、奥さんも交えた約10組夫婦の「並木会」も続いている。

今思えば、仲間がその分野分野で頑張られ、同窓であるという縁で親しくお付き合いできて大変幸せである。

これは、健康であり、事業を今まで続けてこられたおかげと感謝の限りである。

          2010-8-1 Y.Y

|

«  山崎豊子著「沈まぬ太陽」 2010-7 | トップページ | 「7つの習慣」と「成功の9ステップ」ジェイムス・スキナー 2010-9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安保闘争は我々の時代の思い出の上位に入る出来事だね。
60年70年と各々強烈な闘争であったなあ。小生は60年の時
はインターンだったのでニュース程度しか知らないが70年の
時はまさにその真っ只中にいたので強烈に思い出されて今でも
身震いするよ。学園内から始まりよど号乗っ取りから究極は
連合赤軍に至るまでいずれも大阪市大が主役であった。
詳細は長くなるので省略するが反面最近の学生には国を
憂い改革を志す意欲に欠けているように思うなあ過激な紛争
を認めるわけにはいかないが生気のない学生生活など無意味
な気がしいるのは俺だけだろうか?・・・・・・・

投稿: 三好 宏 | 2010年8月 3日 (火) 16時08分

池上彰さんの「学べるニュース」私も見ていました.
安保 って何の事かさえ初めは全くわかっていなかったのですが、あの番組を見てよくわかりました。
細かく砕いて解説してくれるので、とってもわかりやすいです。
こんな時代もあったんだ..と、勉強になりました。

投稿: MK | 2010年8月14日 (土) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日米安保50周年と私」 2010-8:

«  山崎豊子著「沈まぬ太陽」 2010-7 | トップページ | 「7つの習慣」と「成功の9ステップ」ジェイムス・スキナー 2010-9 »