« 「悩む力」姜尚中著  2009-5 | トップページ | 「南十字星」と映画「真夏のオリオン」09-7 »

「利息制限法」木村達也弁護士とKアナウンサー  09-6

木村達也著「今この本が面白いー私が読んだ厳選120冊」が

著者より贈られてきた。

(本を年間約200冊購入、5年間の読書から厳選)

「利息制限法」成立に奔走された木村弁護士がマスコミに登場

されたのは、約25年くらい前であろうか。サラ金地獄で困っている人の救済を・・・。

その後、テレビ、ラジオに大活躍(NHK「クローズアップ現代」にも数回、朝のNHK ニュース、「関西クローズアップ」最近では日曜日の田原総一郎の「サンデープロジェクト」等などに出演)

  少し古い話しであるが、中坊公平元日本弁護士会会長(元債権回収機構の社長)の門下生でもあったことを、NHKの深夜ドキュメンタリー番組で知った。

その番組で「私はね、若い仲間の弁護士と話しをしている時が楽しい・・・・。特に木村達也君や・・・・」との話をされていた。

 その影響で、庶民の味方の弁護士になったのかなと私ひとりが想像していたが,冊子「ひまわり」(木村・浦川・片山法律事務所発行―第71号)の“父への思い出”のコーナーによると、教育者の父の影響と述懐されている。

Img4039_3

私との出会いは、約35年前のある奉仕団体入会であった。

私が31歳、木村弁護士30歳。

25名(平均40数歳台)の発足メンバーの中では、若手の二人創立メンバー)であった。偶然にも天王寺中学、高津高校の1年後輩とわかりクラブの中でもより親しいお付き合となった。

過去形なのは、確かクラブ20周年を終えた頃だった思う。

「まだまだ色々とやりたいことがある。仕事が忙しくなるので」が退会理由だったと記憶している。

出会った頃は、職業柄固い人という印象だったが、今は、おおらかなオーラを感じる懐の深い当社の顧問弁護士でもある。

今から3年前の当社創業七十年の折に、私が金曜日に事務所を訪問するため都合を聞くと、その日はテレビの新番組の打ち合わせで午後はいない「夜7時30分からの番組らしい・・・」と。

それで「たぶん、Kアナウンサーと合うと思うよ。」との私の予言的中。実は、アナウンサー4月から金曜夜7時半よりキャスターで登場するやに聞いていたので・・・・・。

 Kアナウンサーと私の出会いは、「エッセイスト高木美千子女史」当社HP2005年10月のバックナンバーに添付)主催の催しで紹介された。その時にわが息子と同じ学年であることや、お母さんが、わが母校高津高校の2年後輩であることもわかった。

「世間は狭いもの悪いことはできませんな!!。」と食事をしながらの談笑だった。

その後何度か食事する機会があり、木村弁護士、高木女史、

アナウンサーと4人での2次会の歌合戦でも盛り上がった。

 昨年春から東京勤務になり、テレビのキャスターとして活躍

    され、時折メールで・・・・・。

出会いを大切にし、長くお付き合いしたい人々である!!。

  20060325_dscf0088

NHK オンライン http://www.nhk.or.jp/より

自殺と向き合う~生き心地のよい社会のために

木村達也(きむら・たつや)さん
弁護士。全国クレジット・サラ金問題対策協議会〈注1〉代表幹事。1944年生まれ。

日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員(元委員長)、

日栄・商工ファンド被害対策全国弁護団団長、

欠陥住宅関西ネット代表幹事をつとめる。

共著に『個人債務者再生手続実務解説Q&A(増補版)』(青林書院、2001)など。

|

« 「悩む力」姜尚中著  2009-5 | トップページ | 「南十字星」と映画「真夏のオリオン」09-7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「利息制限法」木村達也弁護士とKアナウンサー  09-6:

« 「悩む力」姜尚中著  2009-5 | トップページ | 「南十字星」と映画「真夏のオリオン」09-7 »