« 「第81回アカデミー賞」    2009-3 | トップページ | 「悩む力」姜尚中著  2009-5 »

「新報道2001」㈱ソフトブレーン元社長 宋文州 09-4

最近テレビでラフなスタイルの宋文州氏をよく見る。

日曜日に関していえば

関西テレビ  7:30「新報道2001」

読売テレビ 18:00「真相報道バンキシャ!」

NHK   夜11時台「カンゴ・ロンゴ」(3月で終了)

 3,4年前だったか、参加者10数名のあるセミナーが始まる前に「ソウです」と講演者に挨拶され、私の後ろの席に座られセミナーを受講された。 

2次会が居酒屋風の店で開かれ、自己紹介(私の左隣の席)のおりに、中国の将来の政治のことを(もちろん日本語で)とうとうと話された。 その時もノーネクタイで。

その時の第一印象は、自己紹介の時間なのに少し喋りすぎやなと思った。

その後、テレビでみて「あの時の人が、宋文州氏や!!。」と、驚きと感動の一瞬であった。

 3月はじめ、その宋文州氏講演の案内がFAXされてきた。

基調講演 宋文州
「不況は、とても重要だ!~ピンチを
チャンスに変えていこう」               

*不況が好きな人はいない。しかし不況は重要だ。

*不況がないと経営者はリスクを忘れ、社員が甘くなり、営業は利益を重視しない。

*不況の時にしか、勉強できないものがある。

*不況の時にしか、できない改革がある。

*不況の時にしか、できないシェアー拡大のチャンスがある

「不況を生かそう」「不況が人を育てる」

(マスコミに惑わされない → 悪環境をどこで食い止めるか

 → その努力の差が、3,4年後に会社が延びるか否か

 =戦争でなかってよかったではないか。戦争なら何もかも

  なくしてしまう。)

等、ノーネクタイ、白いワイシャツ姿で、原稿も見ることなく

自分のことばでよどみなく喋られる約40分の講演も大変短く

感じた感動の講演であった。

帰りのエレベータ前で名刺交換し、今日の講演に感動したことや、以前お会いした時のこと、宋氏のエッセイ「野菜を育てる、人を育てる(菜園作りとマネージメントには、多くの根源的な共通点がある)を2005年5月に読み感動したこと、私自身もまた、屋上の3坪位の菜園で育てた野菜を社員に配布していることも告げた。

「そうですか・・・。」とニコニコされて、「じゃ、また。」と手を挙げエレベータの人に、大変気さくな人である。

2005年(40歳)に東証一部上場をされたとの事であるが、業界最大手の元社長のそぶりがないので、私自身はそのような有名人とは最近まで知らなかった。

 文洲のメルマガの読者広場

文洲の評論とエッセイ。傍目八目。単刀直入。 ...  文洲の見方に

触れて「なるほど」、「ちょっと違う」、「何を言っているか」と様々なご意見があるのも承知のうえです。 ... この点において 文洲も決して例外ではありません。

..www.soubunshu.com  

20090411_dscf0258_2

海津大崎(日本の桜100選)

  20090411_dscf0260                                      


観光の屋形船「犬の船長さん」

 

|

« 「第81回アカデミー賞」    2009-3 | トップページ | 「悩む力」姜尚中著  2009-5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新報道2001」㈱ソフトブレーン元社長 宋文州 09-4:

« 「第81回アカデミー賞」    2009-3 | トップページ | 「悩む力」姜尚中著  2009-5 »