« 「潜在能力は無限です」 | トップページ | 「君に成功を贈る」 中村天風 述 08-9 »

「宮大工金剛組に学んで・・・」川瀬龍覚氏 '08-8

 
 

 
  毎月5日、朝礼が終わると社員がご近所の道路清掃をすることが

数年前から恒例になっている。   その日も、はじめると「ご苦労さんです」

と声をかけていただき、ご自分も清掃に加わっていただいた方がいる。

掃除も終わり、立ち話をしたところ当社のすぐ裏にお住まいの方とわかる。

職業は宮大工さんとのこと。しかも、当社が30数年間4社で構成する

プレファブの組合員であった「金剛組(日本最古の事業継続の宮大工)」

に棟梁として・・・・・・。

先日、顧客からの冠木門(日本古来の門)の見積以来を受け、宮大工

さんに相談しなければと思っていた矢先である。

大変タイミングよく偶然とはいえ、ご近所におられ、なんと奇遇なことか。

  「掃除で、あなたもまわりも幸せになる・・・・・・・」最近、掃除することにより、色々なことが派生することに関する本が販売されている。

その奇遇な出会いの宮大工「川瀬龍覚氏」のことが読売新聞に掲載。
(平成19年7月24日夕刊の「師あり 弟あり」宮大工より)

「古い寺社建築へ息注ぎ 時代に応じ磨いた技  包み隠さず後世へ」

約1400年の歴史をもつ金剛組(江戸時代までは四天王寺の宮大工だった。)には25歳という若さで棟梁として入り、37歳で独立、宮大工になって40年。300以上の社寺を手がけた。

川瀬流の手法

 =経験と勘が頼りの伝統技術の世界に、理論と現代工法を持ち込んだ。

   52歳で「現代の名工」に選ばれ、54歳で黄綬褒章を受ける。

「一つのやり方に固執しても何も生まれん。

         時代や場面に応じた発想と工夫がいる」と。

        この言葉は、いつの時代、社会、人生にも通ずるものである。

私は進化論を唱えたダーウィンの言葉を思い出した。

『この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。

    そうではない。 最も頭のいいものか。そうでもない。

        それは、変化に対応できる生き物だ」

このような著名方が同じ町内に住んでおられると知り、またまた新しい出会いができた。

  この夏の暑い暑い、ほっとニュースである。(原稿は、ここまでであった。)

追伸―今日(4日)この原稿掲載のお願いで約1時間話していると、 建築の教育者、空手道、お坊さん等多彩な職歴や、 松下幸之助、 田中角栄、笹川良一、藤原弘達氏等とのご縁のある話など、時の経つのも忘れるひとときであった。       

今日もいい1日であった。

最近私が読んだ「掃除」に関する本

「朝30分の掃除から、儲かる会社に変わる」

株式会社武蔵野 代表取締役社長小山昇著

 

整理は「戦略」、整頓は「戦術」につながる。「ぺちゃくちゃ掃除」で社員が伸びる!

「仕事で輝く、人生がかわる “掃除力”で自分磨き!!」 

                                舛田光洋著

あなたもまわりも幸せになる。  

「そうじ力」であなたの悩みはすっきり解消!。

無駄な時間を捨てる、成功を捨てる、

怒りを抑える磨きこみ、同僚や上司などとの関係を円滑にする磨きこみ、

家庭や恋愛を円満にする磨きこみ・・・・・・・・

捨てる、磨く、整理整頓。

 

|

« 「潜在能力は無限です」 | トップページ | 「君に成功を贈る」 中村天風 述 08-9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宮大工金剛組に学んで・・・」川瀬龍覚氏 '08-8:

« 「潜在能力は無限です」 | トップページ | 「君に成功を贈る」 中村天風 述 08-9 »